ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.10.24

日本人ほど創造的な民族はいない

茂木健一郎氏の心に響く言葉より…

「日本人には創造性が乏しい」「日本人には個性がない」
「日本人は模倣はうまいが、独創に欠ける」…これまでに多くの日本人が言われてきた言葉だ。

私たち日本人自身もそれを疑わず、自らそのように言うことも少なくない。
はたしてそれは、本当に正しいのだろうか。

日本人と創造性ということについて考えたきっかけとして、
自動車製造業であるトヨタの工場を見学したということがあった。

そこでは、「ひらめきはみんなのものである」ということが、当たり前に実践されていた。
トヨタでは、全員が「提案書」を書くのだという。

仕事をしていて気づいたことをもとに、
現状を「改善(カイゼン)」するためのアイデアをA4一枚の紙にまとめるのだ。
中学を卒業して働く「金の卵」と呼ばれる人も、
大学卒のエンジニアも、正社員も期間従業員も、だれもが平等に書く。

ひらめきに上下の別はない。
どれほど鮮烈なひらめきでも、そこにいたるまでには、数々の小さなひらめきが存在している。

ヨーロッパやアメリカは、一人の天才が世界を一新する。
一人のCEO(最高経営責任者)が組織のすべてを決めて統率していく。
欧米ではそんな考え方が主流である。

日本的な創造原理は、「みんなでやる」ことに特徴がある。
よく「日本人は集団でばかり行動する」といって批判されるが、
それは裏を返せば、みんなが平等に知恵を出し、チームワークでものごとを進めるということだ。
だれか一人が手柄の総取りをしたりしない。

わが国最古の歌集、『万葉集』には、天皇や貴族の歌と、
下級官人や防人(さきもり)など名もなき人の歌とが、対等に並べられている。
しかもその編纂(へんさん)を行ったのは国家だ。

一方、欧米のありかたは異なる。
歌や詩とは、才能を持ったかぎられた人のインスピレーションによって生まれるもの
というイメージがあるのだ。
いわば、選ばれた天才をふつうの人々が仰ぎ見る文化である。

ふつうの人が知恵を出し合うことで創造的なものが生まれる。
いろいろな人が集まってアイデアを出し合い、
「リナックス」や「ウィキペディア」のように自由に流通させる。

それぞれがアイデアを生み出していく。
そのほうが、たった一人の天才が思考を重ねるモデルより、はるかに進歩は早い。

『ひらめきの導火線』PHP新書

創造性は「すでにあるもの」の中からしか生まれない。
まったくゼロの状態から、世界で始めての何かが生まれる、などということはありえない。

日本人は、長きにわたり、「創造性がない」「真似ばかりする民族だ」と言われ続けてきた。
その結果、昨今の学校教育では、個性重視、創造性を高めるという方針に変わってきた。
しかし本当は、日本人ほど創造性にあふれ、個性的で、独創的な民族はいない。

欧米では、たった一人の天才が、何かを作ったと名乗りを上げるが、そういう大発明にしても、
一からすべてを創造したわけではないのにも関わらず、自分が作ったと言うのだ。
多分、日本人だったら、謙虚に「皆で考え、作りました」というだろう。

ゲームも、アニメも、ロボットも、カイゼンも、日本発。
そんな独創的なモノを創造したのに、
作った人の名前が出てこないのがいかにも日本的で素晴らしい。

世界の趨勢(すうせい)は、「ウィキペディア」のように、
「みんなで創造する」という方向になってきている。
だから、日本人は個性や、創造性に対してもっと自信をもっていい。

みんなで考えるという日本人特有のパワーを生かし、
一人一人が臆(おく)することなく、
更なる創造性を発揮していきたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る