ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.10.1

笑って仕事をしてますか?

デイル・ドーテン氏の心に響く言葉より…

ある大手電話会社の営業部長たちと話をして、
トップ社員が成功しているのはなぜだと思うか、考えを聞いてみた。

すると、いくつかの点が明らかになった。
営業部長たちによれば、トップ社員は、辛抱強く、やる気にあふれ、
目標をしっかりと掲げ、何より姿勢が常にポジティブだという。

しかしその後、おもしろいことになった。
私はトップ社員たちにアンケート用紙を送って、
最高の営業成績や個人的な“売り”に関することなど、彼らの仕事について質問した。

辛抱強さについて書いてきたのはわずかに一人。
やる気や目標をあげた人がひとにぎり。
同様にポジティブな姿勢に触れていたのも、ごく少数の人だけだったのである。

彼らが書いていたのは、顧客ににっこり笑ってもらうことや、
顧客にどう感じてもらいたいと思っているかということ、とりわけ、
「役に立ってくれている」と感じてもらいたいということだった。

また、顧客の費用や時間を節約したり問題を解決したりできることに、
誇りを持っているという点にも触れられていた。

営業部長たちが言っていたことと、トップ社員たちの生の声とを比べて、次のようなことに気がついた。

《成功に関する“古い”言葉》
「辛抱強い」、「やる気」、「目標」、「ポジティブな姿勢」

《成功に関する“新しい”言葉》
「にっこり笑ってもらう」、「顧客の気持ち」、「節約」、「役に立つ」

『笑って仕事をしてますか?』小学館

我々には、トップセールスマンというのは、
「辛抱強くて、目標を明確に持ち、積極的に動き回る人」、というイメージがある。

しかし、実際に調べたところ彼らは、「顧客に喜んでもらうこと」、
「顧客ににっこり笑ってもらうこと」、「顧客の費用や、時間の節約をすること」、
「顧客の問題を解決すること」等々に生きがいを持ち、そこに誇りと価値を置いているという。

成功している人は、「どうしたら、顧客に喜んでもらえるか」、しか考えていない。
つまり、自分のことではなく、人のことをひたすら考えている人。

我々は、往々にして間違いをおかす。
それは、成功しようとして、方向違いの、役にも立たない勉強や努力をしてしまうことだ。

まずするべきは、人の喜ぶこと、人の役に立つための努力。

どんなにやる気があろうが、ポジティブだろうが、
自分の利のためだけに動くのなら、それは崩壊が加速するだけだ。

何が何でもやる気を出し、吼(ほ)えるようにポジティブであらねばならないということではない。
静かでひかえめの性格の人でも、顧客を喜ばせることができる人は多くいる。
百人いれば百人の性格があり、百のアプローチの仕方があるからだ。

人の役に立ち、人に喜んでもらえれば、にっこり笑って仕事ができる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る