ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.23

マメな人は仕事ができる

指南役の心に響く言葉より…

当たり前のことを当たり前にする。
これはサービスの基本である。
でも、年をとると、その当たり前のことができなくなる。

たとえば、メール。
来たメールに返事をする…当たり前の行為である。
新人時代、あなたは来るメール、来るメールすべてにちゃんと返信していただろう。
今だって、知り合ったばかりの相手には、きちんとメールを返信しているだろう。

でも、つきあいが長くなるにしたがい、人間慣れが生じる。
放漫になる。
そうなると、“いつもの人”からのメールは目を通すだけで、次第に返信しなくなる。
忙しさは理由にならない。

どの業界でも言えることだけど、仕事ができる人というのは、総じてマメである。
総じて腰が低い。
多分にそれは“余裕”のなせるワザで…彼らは仕事で既に評価を上げているので、
他の部分で虚勢を張る必要がないのである。

逆に言えば、周囲の人に気遣いのできない人間で、出世した人を僕は知らない。

たとえば、映画好きの友人に面白い映画を薦められたら、
後日、必ずその映画を見て、ちゃんと感想を返すべきである。
おそらくあなたは、その友人と出会ったばかりの頃は、まめに感想を伝えていただろう。

でも、何年もつきあい、気のおけない仲になるにしたがい、
リアクションを疎(おろそ)かにしてはいないだろうか。
そこに、人間の弱点がある。

逆の立場で考えるといい。
たとえばあなたが、自分が面白いと思う本を10年来の友人に貸したとする。
…それから数日間、あなたは友人からの感想が待ち遠しいに違いない。

『「サービス」をサービス』大和書房

指南役の代表は馬場滋氏。
ホイチョイ・プロダクションズのブレーンを務めている。

人は、慣れてくると段々と、ぞんざいになり傲慢さが見えるようになってくる。
相手に対しての気遣いや思いやりの心が薄れてくる。
長く付き合った友人や恋人、夫婦、そして会社の同僚や、取引業者等々に対しても。

初めて出会った頃は、最大限の気配りをしたはずだ。
結婚したら一変し、「釣った魚に餌はやらない」状態になっている男性も多い。

マメであることは、モテるための最も必要な条件のひとつだ。
なにも、これは男女間のことだけではない。

これは、サービスという観点から考えてみるとよくわかる。
気配りの天才は、サービスの天才でもあるからだ。

サービスの天才は、細部にも気を使い、一様にマメである。
何年つきあっても、「あの人はマメな人」と、言われたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る