ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.15

どうせ言うなら積極的なことを

中村天風師の心に響く言葉より…

カリアッパ先生が、ある朝こういうことを言われた。

「毎朝、朝の挨拶のあと、おれはお前に、
きょうはどうだい(ハウ・ドゥ・ユウ・ドゥ・ツゥデイ)と聞くと、
必ずお前は、アイム・ノット・クワイト・ウエル(あまり良くありません)と言うな。
それを言うとき楽しいかい?」

「いや、楽しくはありませんけども、真実こういう病をもっておりますから、
朝目がさめましても心よい気持ちでは目がさめません。
やっぱり何となく、こう、熱があるように、体の全体が何となくけだるくて、
頭は重いし、つまり快適な気分を感じません」

「そういうことを言って気持ちがいいかい?」

「気持ちはよくありませんけれども、真実そうでありますから」
「本当に具合の悪いときに悪いと言っちゃいけないんですか?」

「具合の悪いときに具合が悪いと言ったら治るか」

「いや、なおりゃしませんけども、やっぱり痛いとき、痛いと言います」

「痛いときに痛いというのがいけないというんじゃないんだ。
痛いとき、痛い、かゆいとき、かゆいと言うのは、それは当たり前のことだから言っていい。
ただ、そう言ったときに、それから後を自分がかんがえなきゃいい」

「その意味はどういう意味ですか?」

「お前は、きょうはどうも頭が痛いとか、きょうは熱がありますとか言ってる言葉の後に、
たとえ言葉に出なくても心のなかで思うだろう。
あーあ愉快だと思わない。実に不愉快で何ともいえないいやな気持ちだ、と。

まして、普段よりよくない状態が体に現れてくりゃ、これがもとで死にゃしないかとか、
もっと悪くなるじゃないかしらんというふうに、
現実よりもさらに上を越した神経を使いやしないか。
それがいけないんだ。」

『成功の実現』日本経営合理化協会出版局

中村天風師は、こう言う。

暑いの寒いのは感覚だから言っていいよ。
でも、どうせいうなら後にもっと積極的なことを言ったらいいじゃない。
「暑いなあ、よけい元気がでるな」

これは、何にでも応用できる。
熱が出たときに、「熱っぽいなあ、でも気分はいいぞ」
業績が悪化したとき、「売り上が落ちてきた、だけど必ずよくなる!」

状況や状態は言ってもいいが、後に続けて、否定的なことを言ってはいけない。
「参った」、「困った」、「嫌だな」、「どうしよう」、「心配だ」、
は自分の嫌な気分や、気持ちを表した言葉だ。

どんなに困難なことが起きても、気持ちまで参ったり、困ってしまってはいけない。
「参った」、「困った」と何回言っても、事態は少しもよくはならない。

会話の最後は、肯定的で、明るく、愉快な言葉で締めくくりたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る