ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.13

創造性がある人は

小泉十三(じゅうぞう)氏の心に響く言葉より…

アメリカの某出版社の社長が、心理学者に社員の心理カウンセリングを依頼した。
アメリカでは、会社主導の心理カウンセリングは日常茶飯だから、
社員たちは、何の疑いもなくカウンセリングに応じた。

だが、社長には、社員には告げていないもくろみがあった。
それは、「我社の社員一人ひとりの創造性を調査する」というものだった。
社長は、自社の社員の創造性に不安を抱いて、そのユニークな心理調査を依頼したのだ。

はたして、一年間にわたって社員一人ひとりの心理調査を行った心理学者は、
じつに興味深い報告を社長に提出した。

「創造性のある社員と創造性のない社員は、半々だった。
だが、その両者を分けるのは、けっして先天的な能力ではなく、きわめてささいなことだ。
創造性のある社員は、自分を創造的だと思っており、
創造性のない社員は自分を創造的でないと思っている。
その違いがあるだけだった」

自分にはアイデアがあると思えば、それだけでアイデアマンになれる…。
これは、明らかに、「プラス思考」といっていい。
「プラス思考」というのは、ひと口にいえば「絶対にイケる」と信じ込むことだ。

逆転ホームランを放った選手が、ヒーロー・インタビューで
「絶対に打てると思って打席に入りました」とコメントすることがある。

ふつうに聞いていると、たんなるプラスイメージの効果に思える。
しかし、「打てる」と信じることによって、彼らの脳が活性化し、
全身の能力を普段以上に高めているのだ。

運動能力を生む基地は、いうまでもなく脳である。
だからこそ、打てると信じた打者は、むずかしい球をとらえることができ、
かつ強くたたくことができる。

『頭がいい人の習慣術』河出書房新社

創造性やアイデアの有無は、自分に創造性があると思っているか、否かの違いだという。

次々とアイデアを繰り出す人は、「普段から特別なトレーニングをしていたり、
特殊な環境にいるとか、普通の人と何か違う行動をとっているからだ」、と我々は思ってしまう。

プラスイメージも、プラス思考も、一片の疑念なく信じることだが、それはある意味、自信でもある。
確かに人は、自信を持てば、信じられないほどの力を発揮する。

「君ならできる!」「絶対に大丈夫!」と、信頼する人に言われたら、
それは大きな自信となり、力となる。

「自分の手がけた商売は、いつか必ず儲かる!」
「私は、どんなことでも、最後には必ずうまくいく人だ」
「なぜか、自分は本当にツイてる人間だ」
そんなふうに思っている人は、なぜかうまくいく。

できると思えばできるし、ダメだと思えばダメになる。
「泉の如く次々とアイデアが湧いてくる」、そんなイメージを常に持てたら最高だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る