ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.9

上機嫌でいるコツ

明治大学教授の斎藤孝氏の心に響く言葉より…

気分というのは、通常社会的な状況や体調によって目まぐるしく変化します。
周囲に対し共感を持ったかと思うと敵対心を抱いてみたり、浮いてみたり沈んでみたり。

自分を鬱屈(うっくつ)させるもの、たれ込めた暗雲が、
ふっと晴れるようにするにはどうしたらよいか。
それがわかるだけで、爽快(そうかい)な気分、充実感を得ることができます。
さらにそれを「技化(わざか)」させれば、
気分に囚われない状態をいつでも創り出せるようになります。

上機嫌力は、訓練によって身につけるものです。
運動と同じで、訓練を続けると、上機嫌の筋力がついて、こころの稼動範囲が広がり、
上機嫌が生活に占める割合が増えるのです。

からだが冷え切った状態ですと、上機嫌にはなれません。
食事をとり、お風呂に入って、温まって気分がほぐれる。
これは、上機嫌のいわばインフラのようなものです。
温まったからだをしっかりと基盤として持つと、
外からの働きかけに対し、柔軟に対応することができます。

不機嫌なからだは淀(よど)んでいます。
それが一番はっきりでるのが、上半身でいえば、
鳩尾(みぞおち)、肩甲骨(けんこうこつ)、首です。
肩甲骨、首が硬くなってくると、だんだん笑えなくなり、
気むずかしい顔になって、不機嫌そうに見えてくる。


先日テレビの番組に出演したのですが、パックンこと、
パトリック・ハーランさんの上機嫌ぶりには感動しました。
アメリカの出身で、日本でお笑いをやっているパックンは、
会話にからだが入っていて、肩甲骨回りや腕を実によく動かしながら、
笑いを交えて場を進めていきます。

日本人がこれをやると、落ち着きがないといわれますが、
私は基本的には、肩甲骨を動かすことは許されるべきと考えます。

日本人の場合は、欧米人に比べると胸を張っていませんので、肩甲骨が落ちています。
肩こり状態です。
そのために、呼吸が浅い。
肩甲骨を少し張るだけで、肩こりが少なくなり息がしやすくなるのです。

私は、上機嫌力は実は簡単なことだと思うのです。
肩甲骨をほぐして中身を揺さぶる。
そして、上機嫌モードに切り替え、上機嫌なからだにしていく、それだけだと思います。

『上機嫌の作法』角川oneテーマ21

いつも上機嫌でいたいと願っていても、
時として不機嫌になったり、無愛想になってしまうことはある。

しかし、上機嫌や不機嫌が、自分の体の状態からきているとの指摘には、
かなりの新鮮な驚きがあった。

英語をしゃべる人は、身振り手振りが大きい。
そして、アメリカ人のイメージとしても、上機嫌な人が多い。

日本には体に関するものがたくさんあるが、
首や肩や腕などに関連した言葉には、気分を表す言葉も多い。

例えば、「首が回らない」、「首にする」、「首をかしげる」、「首が飛ぶ」、「首を突っ込むな」
「肩を並べる」、「肩で息をする」、「肩を持つ」、「肩で風を切る」、「肩の荷がおりる」、「肩を怒らす」
「腕がなる」、「腕をふるう」、「腕に覚えがある」、「腕によりをかける」

首の言語は概して不機嫌で、肩は調子をあらわし、腕は上機嫌だ。

体をゆるめ、緊張を解くことは、スポーツや武道では、大きな力を発揮する。
あのイチロー選手のしなやかさが、そのいい例だ。

機嫌をよくするには、まず体をゆるめ、力を抜くこと。
そういえば、落語家が高座に上がっているとき、肩を怒らせているのを見た事がない。

身振り手振りを多くし、肩のちからを抜くことは、上機嫌でいるコツだ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る