ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.2

待っているだけでは変わらない

ジョージ・シン氏の心に響く言葉より…

アメリカ総合保険会社の創業者であり社長でもあるストーン氏が、こんなことを話してくれた。
ある女性が、「ストーン氏の著書を二冊読んだけれど、お金の無駄だったわ」
と怒って電話をかけてきたというのだ。
ちょうどストーン氏は外出していたので、リンダという女性秘書がこの電話をとった。

その女性は、電話口でこういったのだそうだ。

「あんたのボスの書いた本読んだけど、なにも起こりゃしないじゃないの。
主人はいまだに仕事が見つからないし、銀行の口座もいまだに一文無し。
あたしはあたしで一日に10時間も店にたちっぱなし… 何もかわりゃしないじゃない!」

そしてこの女性は、
「心に思い描き、信じることのできるものは、必ず実現できる」
というストーン氏の著書の一節を引用してなじったという。

洞察力のあるリンダはこうたずねた。
「ストーン氏の本をお読みになって、どういうことを実行なさいましたの?」
長い間考えていたが、電話の女性はこう答えた。

「待ってたのよ」

リンダは、日頃からストーン氏が口にしている助言を聞かせた。
「どうしたら向上できるかを書いた本は、読者がそれを読んだ結果、
何かを実行しなければ何の意味ももたない」

『やる気を起こせ!』三笠書房

「ザ・シークレット」でも、「引き寄せ」でも、「マーフィーの理論」でも、
強く願ったことは実現するという。

ならば、強く願うだけで何の行動もせず、
願いがかなうのを期待して、待っているだけだとしたら、どうだろう。

いくら強烈な願望があったとしても、ひとつの行動の変化もなかったら、
事態は変わるわけがない。

実際に行動を変えた人だけが、成功への階段を一歩登る資格ができる。

行動には、「現状維持の姿勢」と「現状打破」の姿勢の二つがある。
現状打破は、文字通り、何かを変革し、変えていこうという、変化しチャレンジする姿勢だ。

現状維持の姿勢は、何かを変えたくないという、後ろ向きな姿勢だが、
「変わるのを待っている」のも、実は現状維持の姿勢のひとつだ。

「誰かが、何かしてくれるだろう」、「いつかまわりの状況がよくなれば」、
という「人頼り」の、「待ちの姿勢」は、事態を悪化させる。
結局は、自分の意図するところと逆の、嫌な方向に行ってしまう。

待っているだけでは奇跡は起きない。
原因があるから結果がある。
強烈な願望とともに、それに向っての一歩ずつの行動が必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る