ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.9.1

へこたれない

鎌田實(みのる)先生の心に響く言葉より…

風(ふう)ちゃんは四十五歳。
脳性麻痺で体感機能障害がある。
両手はまったく使えない。
字を書くのも足で。
二本の箸も足で持つ。
ご飯を手で口に運ぼうとすると、一口食べるのに一時間かかる。

諏訪中央病院の看護学校で、毎年、哲学の授業をしてもらっている。
生きるとは何かを語ってもらう。
授業は笑いがあふれる。
吉本のお笑いを聞いているようにおもしろい。
自分の障害を全部ギャグにしてしまう。
笑わせて、笑わせて、その向こう側に命の切なさを、風ちゃんは伝えてくれる。

「生きていくのが嫌になって、死にたいと思った時、
頚椎の損傷で手足四本まったく動かない他の障害者に言われた。
『おまえは自分で自分の命を絶てるからいいなあ』」

風ちゃんはそれまで、自分は世界で一番不幸だと思っていた。

「ハンディはいっぱいあるけど、自分はまだまだ恵まれている。
両手は使えない。
足も不自由だけど、それでも、少しは移動できる。
ちょっと誰かに応援しえもらえば、旅だってできる。
ストローを使えば、お酒だって飲める。
日本酒か焼酎か、選ぶことだってできるんだ。
その時、幸せって何かわかったような気がした」

「一生かけて障害者。やりがいあるね。
この役こなすのはちょっとタイヘンだけれど、
演じれば演じるほどに、奥が深くてのめりこんでしまう。
こんな役、なげだしたい。とてもじゃないけれど、精神力がいる。
だけどせっかくの役だから、最後までやってみる」

「体は不自由だけど、私は自由だ。
体は不自由だけど、私は不幸ではない。
自由も、幸せも、ちょっと視点を変えれば見えてくる。
自由も、幸せも、よくばらなければ、つかまえることができる。
自由も、幸せも、へこたれなければ、手にいれることができる。
だれでもできる、きっと。」

『へこたれない』PHP研究所

我々は、嫌なことがあったり、うまくいかないことがあると、すぐにへこたれてしまう。
そして、不幸だと思ったり、投げ出したいと思ったりしてしまう。

しかし、そういうとき、余命何日と病気を宣告されてしまったらどうだろう。
あるいは、事故で、体の自由が急にきかなくなり、寝たきりとなってしまったとしたらどうだろう。

それまでの、嫌だったこと、うまくいかなったことが、まるで夢のように感じられるかもしれない。
眠れないほど悩んだことも、死ぬほどタイヘンだと思ったことも、
不治の病や、寝たきりになることを考えたら、天国のように感じられるかもしれない。

人は誰も、人生と言う舞台で、定められた役を演じて生きている。

ある人は、美貌でスタイル抜群の有名な女性の役かもしれない。
別の人は、風采(ふうさい)のあがらない、しょぼくれた無名の男の役かもしれない。
そして、障害者という役もある。

しかし、どんな役を割り振られたとしても、それを投げ出すわけにはいかない。

タイヘンかもしれないが、へこたれないで、最後までしっかりと演じてみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る