ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.29

ボールを持ったら離さない人

多摩大教授の樋口祐一氏の心に響く言葉より…

待ってましたとばかりに、話の流れを強引に自分の側へ引き寄せるような人は、
基本的に、他人の話を聞いていない。

最初から「今日はこの話をしたい」という気持ちがあって、そのタイミングを見計らっている。
つまりそこには、周囲をたのしませようとするサービス精神がない。
ひたすら自己主張したがっているだけなのが、ミエミエだから、聞く側は不愉快に感じるのだ。

会話には、言葉というボールを使う集団競技のような面がある。
全員がプレイヤーとしてフィールドに立っているから楽しめるのであって、
「観客席」に追いやられたのではつまらない。

お互いにパスを回しながら、それぞれに「自分のプレイ」を披露するチャンスを与え合うのが理想だ。

自分のウンチクを傾けたくてウズウズしている人は、そのパスが回ってくるのを待っていられない。
他の人に出されたパスを横取りしてでも、自分でシュートを打とうとする。
もちろん、そこで万人を唸(うな)らせるような圧倒的な「個人技」を見せることができるなら、

わがままなプレイも許されるだろう。

だが、ウンチク語りでそこまでの「個人技」を見せられる人はほとんどいない。
よほど聞き手を楽しませる自信があるなら別だが、

単に「この分野に詳しいと思われたい」というだけなら、
無理にボールを奪いに行かず、パスが回ってくるのをじっと待っていたほうがいいだろう。

「ボールを持ったら離さない人」は、カラオケでマイクを離さない人と同じで、
次の人にパスを出すことを考えずに、
いつまでもダラダラとウンチク話を続けていれば、嫌われるのが当たり前だ。

要するに、「サービス精神」のない人は何をやっても会話上手になれないということ。

『知的会話入門』朝日新書

人は誰でも、自分の話を聞いてもらいたくてしかたがない。
認めてもらいたいからだ。

特に、知っていることや自分の得意技に関する話題は、話したくてウズウズしてしまう。
「自分は人の話をよく聞くほうだ、半分以上は聞いている」、
と思っている人がいたら、 7、8割はしゃべっている。

「にじみ出るのが教養、ひけらかすのがウンチク」だと、樋口氏は言う。
教養とまでいかなくても、温かさや、優しさ、思いやり、といった人柄が、
自然ににじみ出る人はいつも控え目だ。

オレがオレがと自己主張し、自慢する人は、自己中心的で、人を見下す人でもある。

自分からボールを奪いに行かず、パスが来るのをじっと待つ人。
ボールを持ったら持ちすぎず、すぐにパスを回す人。
そんな、人を喜ばせることをいつも考えている人は魅力的だ。

「ひけらかさずに、にじみ出る」、そんな風格のある人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る