ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.27

魔法の呪文(じゅもん)

小林正観氏の心に響く言葉より…

うそでもいいから
「二十歳にしか見えない」
と鏡に向かって言ってみてください。
すると体は反応してくれます。

「もしかして、私は若いのではないか?」
と細胞が思いはじめるのです。

自分の想念というものは、実はとんでもなく強力に、
自らの体をコントロールしており、
私たちが何気なく言った一言によって、
体はものすご律儀に素直に反応しているらしいのです。

『宇宙を貫く幸せの法則』致知出版社

「何かを願う」のではなく、「過去完了形で思え」、とはよく言われる話だ。
例えば、「お金が手に入ったらいいな」、ではなく、「お金が手に入りました!感謝します」、と。

しかし、過去完了形でいくら思っても、それが心の底から、
確信をもって思わなければ、かえって逆の結果になることもあるという。

「お金が手に入りました!感謝します。でも、もしかしたらダメかも」と、
少しでも疑問をはさんだら、ダメになる。
つまり、ダメになることを強力に願っていることになる。

目をとじたり、頭だけで考えると、妄想や雑念という魔(ま)が入りやすい。
だから、座禅は、半眼と言って、半分目をあけて、薄目でみる。
目をしっかりあけ、鏡を見て、想念することは、魔が入りにくい方法だ。

何気なく言った一言は、体の細胞にも、脳の細胞にも、凄(すさ)まじい影響を及ぼす。

鏡に向かい、ニッコリと笑って、と指差(ゆびさ)して、
「どんどんうまくいく!」、「大丈夫!」、「絶好調!」、
と言ってみる。

毎朝、毎晩、そんな魔法の呪文(じゅもん)をとなえたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る