ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.24

人間の魅力は性格にある

日本経営合理化協会の理事長牟田学氏の心に響く言葉より…

人間が人間に惚(ほ)れ込むのは、魅力のせいである。
魅力があるから、その人に心酔してついていくのだ。

魅力は、事業や人生に成功するうえで、リーダーにとって不可欠の要素だ。
その魅力の根源はどこにあるかと突き詰めると、性格に辿(たど)り着く。

性格こそ、魅力を構成している根源である。

性格が深く、広く、そして強くなければ優しくなれないし、優しくなければ強い心を保てない。

学問も、思想も、事業も、政(まつりごと)も、幸福になりたいという人間の情の満足のためにある。
人を不幸にするものは、学問でも、思想でも、事業でも、政(まつりごと)でもないし、長く続かない。

性格を鍛え、象(かたど)るものは、具体的には世界観を磨くことであり、
たくさんの場数を踏むことが大事である。

『打つ手は無限』サンマーク出版

「魅(み)は与(よ)によって生(しょう)じ  求(ぐ)によって滅(めっ)す」とは、無能唱元師の言葉だ。

魅力というのは、人に与えることで生まれ、欲しいと求めることで消滅する、ということだ。
物惜しみしたり、教えることをもったいぶったり、ケチる人は、人から嫌われる。
与えることが好きな人の周りには人が集まる。

与えるためには、心が深く、広く、そして強くなければならない。
陰険(いんけん)で、狡猾(こうかつ)で、狭量(きょうりょう)の人は嫌われる。

自分のことで精一杯の人も、人に与える事ができない。
他人の幸せまで考える余裕がないからだ。

人は誰でも、幸せになりたいという欲求を持っている。
だからこそ、その幸せになりたいという、
人間の情を満足させる事業や政(まつりごと)だけが生き残ることができる。

性格を鍛え、磨くには、たくさんの場数を踏むことだという。
修羅場も、危機も、愁嘆場(しゅうたんば)も、乗り越えるたびに、人の魅力は高まる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る