ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.11

時が熟さなければ分からない

致知出版社の藤尾秀昭社長の心に響く言葉より…

松原紗蓮(しょうれん)さんという尼僧の方の話です。
松原さんは両親の離婚により、
2歳7ヶ月の時に、愛知県の浄名寺に預けられます。

その事実が分かったのは中学2年の時。

自分の生い立ちを知った少女は、
それまでの聞き分けのよい少女から一変、
髪は金髪、耳にピアス、暴走族の仲間に交じり、
薬に手を出し、幾度も自傷行為を繰り返す。

しかし、そんな彼女を事実上の育ての親である庵主(あんじゅ)は
一切とがめず、松原さんが二十歳になった時、
断固として寺修行に行かせ、立ち直らせたのです。

後日、自分の愚かな行為を反省するまでに成長した松原さんが
「なぜ、私を叱らなかったのか」
と訊ねると、庵主はこう言ったといいます。

「人間は、時が熟(じゅく)さなければ分からないことがある。
ひと月前のおまえに
私がどれだけよい言葉を聞かせても、
かえって反発を生むだけだった。
いまおまえが分かるということは、
おまえに分かる時がきたということだ。
仏道は待ちて熟さん」

月刊致知9月号付録「賜生(しせい)」より

家庭でも会社でも同じだが、子どもや部下の間違いを指摘したり、
こうした方がいい、ああした方がいいと、手取り足取り教えてしまうことは多い。
特に、失敗するのが分かっている場合は、どうしても口出ししてしまう。
ましてやそれを、ずっと黙って見ているのは、並大抵(なみたいてい)の我慢ではない。

よく、相談したいと言ってくる人は、既に自分で結論を決めてから来る人が多い。
相談といいながら、自分の意見を認めてもらいたいだけなのだ。

その人の人生はその人が決める。
人の行動を上から押さえつけて変えることはできない。
すべては、その人がやる気にならなければ、何も変わらない。

つまり、機が熟すことが必要。
機とは、物事の起こりや、きっかけのことであり、チャンスや運のことでもある。
物事には、すべてにおいて、ちょうどよい時期がある。

「仏道は待ちて熟さん」

人を育てるには…
口出し手出しをせず、ただひたすら見守ること。
待つことも修行だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る