ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.7

熱き心

山本寛斎氏の心に響く言葉より…

気合と根性だけでは、夢は叶えられない。
大事なのは、その気合と根性をどう伝えるかだ。
企業に「スーパーショー」の協賛をお願いする時、
私の場合、まず手紙で熱いエネルギーを伝えることから始めている。

では、どんな手紙を書くか?ここからが私流だ。
普通、大きな会社というのはたいてい社長室の配下に秘書室がある。
集まってくるさまざまな情報や手紙、アポイントメントを、忙しい社長に代わって
「これは必要、これは後回し」などと選別している。

ここで私の手紙が止まってしまったら大変だ。
そこで私は考えた。
秘書課のお嬢さんが、ピリピリと封を破って中をみたとたん
「キャー!」と驚いて飛び上がるぐらいインパクトのある手紙。
「大変、これはすぐに社長にお見せしなければ」と、
あわてて走らせるぐらいの手紙を書くべきだと。

それから、私が欠かさずするのが「予習」である。
たとえば「あの人に会うならあの本を読んでおこう」と必要な資料に目を通したり、
「この人にはこんな話をしよう」と要点をまとめておく。

人は「山本寛斎、いつ会っても熱いですね」と言う。
当たり前ですよ。
予習で、お会いする前からエンジンをガンガンに暖めているのだから。

『熱き心』PHP新書516

山本寛斎さんは66歳。
今なお走り続ける、熱い、熱い人だ。

寛斎さんは語る…
「夢を描かなければ、何も手に入らない。
夢を描いて、追い続け、それを欲しがって、欲しがって、とにかく実現するための行動を、
それこそ200%の情熱で行動すれば、その夢は間違いなく手に入る。
人間のエネルギーの源は夢なのだ。」

「異常なほど何か一つのことにのめり込む。
異常なほどそれを追い求め、狂ったように欲しがり、なりふり構わず取りに行く…。
私は『異常』が好きだ。
ケタはずれの夢と情熱を持つ人間が好きだ。」
(「熱き心」より)

寛斎さんはどんなシーンでも相手を驚かせ、感動してもらうこと考える。
服装を含め、どんな表現でも相手に伝わらなければ、ないのと一緒だからだ。

手紙でも、人と会うことでも、そこに熱い想いを入れる。
どんな行動も、異常とも思えるエネルギーを注入する。
100%ではなく、200%の情熱を持って。

誰かと会うとき、会う前にその人のことを予習して、ガンガンにエンジンを暖めてから会う人。
読んだら、「キャー!」と驚いて飛び上がるぐらいの手紙を書ける人。
異常なほど何か一つのことにのめり込める人。

そんな、熱い人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る