ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.8.3

ツキのフクロの大きさは同じ

竹内一郎氏の心に響く言葉より…

麻雀小説で一世を風靡(ふうび)した阿佐田哲也氏は、人の一生をこんな風に見ていた。
“人はこの世に生まれるとき、一定量の運を持っており、
運と引き換えに金や名誉を得、運を使い尽くしたときに死を迎える”

この場合は、「運」を「何かを得るために使われるエネルギー」と考えたほうがわかりやすい。
何かを得るためには、それ相応の何かを失うはずだ。
それを仮に運という言葉で呼んでみたのだ。

一億円の宝くじが当たるとする。
それはただ儲かったのではない。
一億円分の運を使っただけなのである。

この世には損も得もない。
何かと何かを交換しているだけなのだ。
人の一生を、プラス・マイナス・ゼロと見立てるのである。
これは科学でいう「エントロピーの法則」ともどこか似ている。

世間に目をやると、ツキに後押しされて人気の出た芸人や歌手、
ベンチャー企業の経営者などの「ツキの袋」が破れた瞬間を、いくつか思い出す。

ちょっと前に手仕舞(てじま)っておけば、
あんな大火傷(おおやけど)を負うこともなかったろうに、と思ったりもする。

芸能人や実業家がマスコミの寵児(ちょうじ)となり、
梯子(はしご)を二段飛ばし、三段飛ばしでのし上がり時の人になっていくことがある。
ところが当人が天狗になってしまった辺りで、
過去のスキャンダルが暴かれて、あっという間に転落してしまう。

「人間ツキのフクロの大きさは同じだ。勝ち過ぎれば必ずやぶける」(阿佐田哲也)

『ツキの波』新潮新書より抜粋転載

「勢(いきお)い使い尽(つ)くす可(べ)からず」
という五祖法演(ごそほうえん)が与えた戒(いまし)めの禅語がある。

その後続けて、
「勢い、もし使いつくさば、禍(わざわ)い必ず至る」
と言い切っている。

人は調子のいいとき、自分を過信し、有頂天となり、傲慢(ごうまん)になることが多い。
そして、好調の時に、もっと幸運を得ようと勢いこむ。
しかし、そんな好調ときには、往々にして破局の種がまかれている。

「人間は不幸の時に不幸がはじまるのではなく、
いわゆるツイているときに破局の兆(きざ)しが起きている。
禅者は、“薄氷を踏むが如く言動を慎(つつし)め”」と教えるのは、松原泰道師だ。

また、
「福、受け尽くすべからず」という言葉が次の戒めの言葉にある。
福や楽しみを、いい気になって使い尽くしたら、
その幸をもたらした縁がぷっつりと切れてしまう、ということ。

逆に言えば、今ツイていない人には、必ずいつかツキがやってくるということになる。
今ツイていないと不貞腐(ふてくさ)れず、地道な努力を重ねて待つことが必要だ。

人間のツキのフクロの大きさは同じ。
運や、福を使い尽くしたら、必ず破局がやってくる。

「分(ぶ)をわきまえる」、という言葉があるが、
足るを知り、大言壮語(たいげんそうご)せず、身の程(ほど)をわきまえる、ということ。

自らの分を知る人に、ツキはやってくる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る